淋病も有名な感染症|フィラリア予防薬があれば常に安心してペットと暮らせます

フィラリア予防薬があれば常に安心してペットと暮らせます

淋病も有名な感染症

オレンジの薬

若い人はとくに性行為をノリでやったりすることが多いでしょう。
しかしそんな性行為には性感染症という悪魔がひそんでいます。
つまり性行為をする人は常に性感染症のリスクを背負うことになるのです。
とくに多くの人が感染しやすいとされているのが「淋病」になります。
淋病は男性も女性もよく注意しておかなければいけない病気なので、その具体的な説明に移っていきましょう。

まず淋病の症状の話ですが、これは男性と女性でもかなり変わってきます。
男性の場合は急性尿道炎といわれる症状が出て、おしっこの際に毎回強い痛みを生じてしまいます。
これがもし重症化すれば淋菌が尿路をさかのぼっていき、陰茎が痛みを感じるようになります。

そして女性の場合は子宮頸管炎だったり尿道炎がよく発症します。
主に外陰部がかゆくなったりおりものが増えたりしますが、女性については自覚症状があらわれにくいのであとから気づくパターンがとても多いです。
そうなると当然悪化しやすくなるので、女性はとくに淋病に対して注意しておく必要があります。

淋病は性行為によって一般的には感染しますが、稀にオーラルセックスでも感染する可能性があります。
そしてディープキスでも感染する可能性があるので、もし行為のあとに痛みなどの違和感を感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。

淋病の検査についてはとくに痛みを生じるものではないので、勇気を出してまずは淋菌の存在を確認してほしいと思います。
男性は綿棒を尿道の下端に挿入し、女性は膣分泌物を採取するのが一般的な検査方法になります。